JavaとC言語の違い

Javaはちょっとかじっただけでわからないことも多いのですが、いろいろなところで言われている違いといえば、

C
昔から存在する言語
手続き型プログラミング言語
関数を組み合わせてプログラムを作る。
コンパイルするとネイティブコードの実行可能ファイルが作られるので速く動作する。
開発環境が用意されている環境で動作する。
Windowsに特化したプログラムはWindowsでしか動かない。
ハードウェア制御に使われている。
Cにクラスなどオブジェクト指向の要素を付け加えたC++言語はJavaに近い。
OSの開発に使われる。

Java
Cに比べれば新しい言語
オブジェクト指向言語
クラスを組み合わせてプログラムが構成されている。
コンパイルすると中間コードが作成される。Cで組んだものより実行時のスピードは遅いと言われている。
JavaVMが用意されている環境ならOS・ハードウェアの違いを超えて動作させることができる。
携帯のアプリ開発に使われている。

広告

関連コンテンツ