C言語の特徴

長所
動作の速いシステムが組める。
ファイルサイズの小さい実行可能ファイルを作れる。
基本的に何でも作れる。

短所
メモリの取り扱いに注意が必要。
プログラムを書く人によっては可読性が悪い。
何もかも書かないといけない。

その他言語との比較
・C言語にクラスなどオブジェクト指向の要素を付け加えたものがC++言語。
C++の開発環境でC言語のソースをビルド・実行しても動く場合が多い。
・多数の人で開発をする場合はVisualBasicなど簡単な環境で開発することがある。
・C++とJavaによく似た言語でVisualC#というのがあるが、Windowsの.NET Framework上で動くシステムを構築できる。ビルドで中間コードが生成される。昔は若干ネイティブコードよりは動作は遅かったが、現在はハードウェアが高速化し気になることが減ってきている。
・Web系はPHP,Perl,JAVAなどが使われる。
・ハードウェア制御などスピード・リソース管理等が求められる場所ではアセンブラも用いられる。
・WindowsではVisualC++をC/C++言語の開発環境として用いるが、基本的にWindows上でのみ動作するシステムとなる。
・UnixでC/C++のコンパイラはあるがVisualC++よりとっつきにくい。

広告

関連コンテンツ