c言語とは

C言語とは元来、UNIXというOSを開発するために作られた言語です。コンピュータのシステムは機械語のコマンドを書かなくては動作させることはできなかったのですが、人には優しいものではなく、もう少し人が読みやすく動作効率も良い言語が求められ、C言語が開発されました。現在でもC言語はシステム記述言語として、多様な用途で使用することができます。C言語は基本的に万能言語です。ただ用途を絞るとほかの言語の方が効率が良いということも増えてきました。しかしC言語を覚えるとほかの言語を理解するのが楽なので、この道に進む人は是非、少しでもかじっておいたほうが良いでしょう。
C言語をマスターしたらおすすめは次にC++言語を学ぶと良いでしょう。C++言語はC言語にクラスなどを付け加えたバージョンアップ版のようなものです。C++のファイルにC言語のソースを書いていても基本的に大体動作します。
C++をマスターしたら最後はVisualC++のクラスライブラリMFCでしょうか。Windowsで簡単なアプリを組めるようになります。私はまだあまり大したものは組めませんがアプリを作るためにVC++のコードを書くのは本当に楽しいものです。

広告

関連コンテンツ